ポジティブに心を壊された

ごわごわした気持ちの捨て場所

誰の理想にも歩み寄れないけれど

私が死にたいって思う時は自己逃避したい時らしい。

旦那さんはなぜか人の考え方を想像するのが上手い。

私の脳みそがどんなもんか想像がつくらしい。エスパーみたいだ。

 

 

ただ私の逃避の仕方は全く上手ではない。

昔は何を見るわけでも買うわけでもなく夜道を歩いていた。

 

 

親の許可を得る行為がなんとなく嫌で、

靴を持って二階の自室からウッドデッキ、塀から道路。

きままな猫のようになろうという茶目っ気と、

ここで死んでしまってもいいという軽はずみ。

 

冬のひんやりとした夜風の浴びながら、

景色を見るわけでもなく妄想をしていた。

 

もしここで警察に合ったら、もしここで不良に絡まれたら、

誰かにさらわれてしまったら、事故にあってしまったら、

自分に傷がつく想像をする。道に迷うことも気にせず歩く。

夜は危ないという一言から妄想をふくらませる。

 

耳元でJ-POPではなく、アニソン。明確に言えばキャラソン。

歌詞は病んでいるものをチョイスする。

他のものは当てつけみたいで聞きたくなかった。

それを脳みそを殴りつけるように、何も思い出さないように、

大音量にして練り歩いていた。

 

いつの間にか二駅先に来たら満足して帰っていた。

2時間は歩き続けた。体力はないがまぁまぁ歩けたはずだ。

 

 

そんなこともあってか、今を生きるのがとても苦手だ。

降りかかる言葉と過去に積み重なった言葉が頭を回る。

人の声を聞くのにもとても弱くなった。

女子小学生の笑い声にびっくりして、

少しの時間硬直してしまう程だ。

 

今はもうなんとなく歩く先もわからず、

出ようとしたら旦那さんに足を掴まれるので、

こうして文字を並べる作業をしている。

 

私は自分がどうしたらいいかわかりません。

指示を貰いに行ってたこともありますが、

指示の大半をそのとおりに出来ず、

いろんな人に嫌われていました。

 

なので自由に出来る力がなく、好きに歩けない今が、

自分の非力さで悲しくなることがまだたくさんあるけれど、

何かになることを望まないでいてくれる。

焦る足を掴んでくれる人がいるこの場所がやはり好きなのです。